指しゃぶりにはわけがある(岩倉 政城 著)


指しゃぶりにはわけがある―正しい理解と適切な対応のために (子育てと健康シリーズ)

概要

指しゃぶりにおいて大切なのは、一律に禁止・放置することではなく、発達保障としての営みなのか、発達の歪みのあらわれなのかを的確にとらえて対処すること。様々な具体例を示しながら、強制しないで治す方法を解説する。

感想

児童館でまさに指しゃぶりをしながら遊ぶ娘の傍らで読んだ。一律の禁止は良くないというのは分かったが、

  • 発達保障としての営みなのか
  • 発達の歪みのあらわれなのか

の判断は正直つかず悩みの解決までには至らない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする