アキラとあきら(池井戸 潤 著)


アキラとあきら (徳間文庫)

概要

零細工場の息子・山崎瑛と大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。生まれも育ちも違うふたりは、互いに宿命を背負い、自らの運命に抗って生きてきた。やがてふたりが出会い、それぞれの人生が交差したとき、かつてない過酷な試練が降りかかる。逆境に立ち向かうふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった―。感動の青春巨篇。

感想

零細工場の倒産という運命に翻弄される山崎瑛。海運大手の御曹司として生まれるも父と叔父らの確執、弟との確執と同族企業だからこその争いに翻弄される階堂彬。二人が出会い、そして階堂彬が叔父らのずさんな経営で傾いた東海郵船グループを立て直しに奮闘、挫折し、最後に大逆転劇へと結びつけるストーリー展開と金融ディールの臨場感はさすが池井戸潤だなぁと改めて感じた。今年読んだ小説中ではピカイチに面白かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする