オペレーションズ・リサーチ:60周年記念号 vol.62 no.06(2017/06)

投稿者: | 2017-06-04

概要

今月のOR学会誌に赤いクリアファイルが同梱されているな…と思ったら

60周年(還暦!)記念号ということで赤いちゃんちゃんこ付きという趣向でした。

中身もOR学会の歴史を振り返りつつ、歴代の編集委員長、会長らによる苦労話、当時の逸話、これからのOR学会への期待が込もった記事が並んでおりいつもとはひと味違うテイストでした。

その中で一番気になった記事は小林氏、鵜飼氏の「日本OR学会員の推移」です。記事によると今のOR学会の年齢構成は下図(同記事P.341 図7を引用)になっており

50代がピークになっていますね。記事中でも触れられていますが仕事盛りの年代[1]うちの会社だと50を過ぎると役職定年になるので仕事盛りというにはやや年代が高い気もしますが集中しているのは良いことでもありつつこのまま年齢構成が推移するとあっという間に超高齢学会になってしまいそうですね。ここ数年の会員数を見てもようやく減少に歯止めがかかってきたか?という印象で近年のAIブームを取り込めきれていないのは少し残念ですね。

脚注

1 うちの会社だと50を過ぎると役職定年になるので仕事盛りというにはやや年代が高い気もします

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です