【統計検定1級過去問】2017年(統計数理)大問4 解答例

投稿者: | 2018-02-04

コメント

大問4では2変量正規分布の相関係数、条件付き分布に関する問題が出題されました。

基本に忠実に計算を進めれば正解できる問題が並んでいるのでぜひとも完答したい問題セットだと思います。

問題

確率変数[math]X, Y[/math]は標準正規分布[math]N(0,\ 1)[/math]に従い独立であるとする。定数[math]a,\ k(\ne 0)[/math]を用いて[math]Z=a+kX+Y[/math]と定めるとき以下の問に答えよ。

(出典:統計検定HP「統計検定 1級の過去問題」。問題文を一部略記。)

問1

[math]Z[/math]が従う確率分布は何か。

[math]X, Y\sim N(0,\ 1),\ Z=a+kX+Y[/math]より[math]Z[/math]は正規分布に従い[math]E[Z]=a[/math], [math]V[Z]=k^2 + 1[/math]なので[math]Z[/math]は[math]N(a,\ k^2 + 1)[/math]に従う。

問2

[math]X, Z[/math]の相関係数を求めよ。

まず共分散[math]\sigma_{XZ}[/math]を求めると

[math]
\begin{eqnarray}
\sigma_{XZ} &=& E[X(Z-a)] \\
&=& E[X(kX+Y)] \\
&=& k
\end{eqnarray}
[/math]

になる。これより相関係数[math]\rho_{XZ}[/math]は

[math]
\begin{eqnarray}
\rho_{XZ} &=& \dfrac{\sigma_{XZ}}{\sigma_{X}\sigma_{Z}} \\
&=& \dfrac{k}{\sqrt{k^2+1}}
\end{eqnarray}
[/math]

である。

問3

[math]X=x[/math]を与えた時の[math]Z[/math]の条件付き分布を求めよ。

[math](X,\ Z)[/math]は2変量正規分布に従いその同時確率密度関数[math]f_{XZ}(x,z)[/math]は

[math]
f_{XZ}(x,z) = \dfrac{1}{2\pi\sqrt{|\Sigma|}}\exp\left[-\frac{1}{2}\mathbf{x}^T\Sigma^{-1}\mathbf{x}\right]
[/math]

で与えられる。ここで[math]\mathbf{x}=\begin{pmatrix}x \\ z-a\end{pmatrix}[/math], [math]\Sigma=\begin{pmatrix}\sigma_X^2 & \sigma_{XZ} \\ \sigma_{XZ} & \sigma_Z^2 \end{pmatrix}=\begin{pmatrix}1 & k \\ k & k^2+1 \end{pmatrix}[/math]であり[math]|\Sigma|=1[/math], [math]\Sigma^{-1}=\begin{pmatrix}k^2 + 1 & -k \\ -k & 1 \end{pmatrix}[/math]となるので[math]\exp[/math]の中は

[math]
\begin{eqnarray}
&& -\frac{1}{2}\mathbf{x}^T\Sigma^{-1}\mathbf{x} \\
&=& -\frac{(k^2+1)x^2 -2kx(z-a) + (z-a)^2}{2}
\end{eqnarray}
[/math]

になる。

これより[math]X=x[/math]を与えた時の条件付き確率分布の確率密度関数[math]f_{Z|X}(z|x)[/math]は

[math]
\begin{eqnarray}
&& f_{Z|X}(z|x) \\
&=& \dfrac{f_{XZ}(x,z)}{f_X(x)} \\
&=& \dfrac{1}{\sqrt{2\pi}}\exp\left[-\frac{1}{2}\mathbf{x}^T\Sigma^{-1}\mathbf{x}+\frac{x^2}{2}\right]
\end{eqnarray}
[/math]

であり[math]\exp[/math]の中は

[math]
\begin{eqnarray}
&& -\frac{1}{2}\mathbf{x}^T\Sigma^{-1}\mathbf{x}+\frac{x^2}{2} \\
&=& -\frac{k^2x^2 -2kx(z-a) + (z-a)^2}{2} \\
&=& -\frac{(z-a-kx)^2}{2}
\end{eqnarray}
[/math]

となるので

[math]
f_{Z|X}(z|x) = \dfrac{1}{\sqrt{2\pi}}\exp\left[-\frac{(z-a-kx)^2}{2}\right]
[/math]

を得る。したがって[math]X=x[/math]を与えた時の[math]Z[/math]の条件付き分布は[math]N(a+kx,\ 1)[/math]である。

問4

[math]Z=z[/math]を与えた時の[math]X[/math]の条件付き分布を求めよ。

[math]Z=z[/math]を与えた時の条件付き確率分布の確率密度関数[math]f_{X|Z}(x|z)[/math]は[math]f_Z(z)=\frac{1}{\sqrt{2\pi\sigma_Z^2}}\exp\left[-\frac{(z-a)^2}{2\sigma_Z^2}\right][/math](ただし[math]\sigma_Z^2=k^2+1[/math])より

[math]
\begin{eqnarray}
&& f_{X|Z}(x|z) \\
&=& \dfrac{f_{XZ}(x,z)}{f_Z(z)} \\
&=& \dfrac{1}{\sqrt{2\pi(1/\sigma_Z)^2}}\\
&&\times \exp\left[-\frac{1}{2}\mathbf{x}^T\Sigma^{-1}\mathbf{x}+\frac{(z-a)^2}{2\sigma_Z^2}\right]
\end{eqnarray}
[/math]

であり[math]\exp[/math]の中を平方完成すると

[math]
\begin{eqnarray}
&& -\dfrac{1}{2}\mathbf{x}^T\Sigma^{-1}\mathbf{x}+\dfrac{(z-a)^2}{2\sigma_Z^2} \\
&=& -\dfrac{1}{2(1/\sigma_Z)^2}\left(x-\dfrac{k(z-a)}{k^2+1}\right)^2
\end{eqnarray}
[/math]

となるので

[math]
\begin{eqnarray}
&& f_{X|Z}(x|z) = \dfrac{1}{\sqrt{2\pi(1/\sigma_Z)^2}} \\
&& \times \exp\left[-\dfrac{\left(x-\frac{k(z-a)}{k^2+1}\right)^2}{2(1/\sigma_Z)^2}\right]
\end{eqnarray}
[/math]

を得る。したがって[math]Z=z[/math]を与えた時の[math]X[/math]の条件付き分布は[math]N\left(\frac{k(z-a)}{k^2+1},\ \frac{1}{k^2+1}\right)[/math]である。

シリーズ記事

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。