【統計検定1級過去問】2015年(理工学)大問2

投稿者: | 2017-09-08

2015年 統計検定1級(理工学)大問2

生存時間を表す確率変数[math]T[/math]に対してハザード関数[math]\lambda(t)[/math]を

[math]
\lambda(t)=\displaystyle\lim_{\Delta t\to 0}\dfrac{P(t < T < t+\Delta t\ |\ T > t)}{\Delta t},\quad t\geq 0
[/math]

とし、[math]\Lambda(t)=\int_{0}^{t}\lambda(u)du(t\geq 0)[/math]とおく。また、

  • [math]F(t)[/math]: [math]T[/math]の累積分布関数
  • [math]f(t)[/math]: [math]T[/math]の確率密度関数
  • [math]\phi(t)[/math]: [math]N(0,\ 1)[/math]の確率密度関数
  • [math]\Phi(t)[/math]: [math]N(0,\ 1)[/math]の累積分布関数

とするとき、以下の問に答えよ。

  1. [math]\lambda(t)[/math]を[math]F(t),\ f(t)[/math]を用いて表せ。
  2. [math]F(t)[/math]を[math]\Lambda(t)[/math]を用いて表せ。
  3. [math]\lambda(t),\ t\geq 0[/math]が

    [math]
    \begin{eqnarray}
    \lambda(t) &=& \dfrac{\frac{1}{\sigma}\phi\left(\frac{t-\mu}{\sigma}\right)}{A(t)} \\
    A(t) &=& 1-\Phi\left(\frac{t-\mu}{\sigma}\right)
    \end{eqnarray}
    [/math]

    であるとき[math]T[/math]の確率密度関数[math]f(t)[/math]を求め、分布の名称を答えよ。

  4. 定数[math]\alpha\in (0, 1)[/math]に対し[math]P(T\leq c)=\alpha[/math]となる定数[math]c[/math]を求めよ。
  5. 問4の[math]T,\ c[/math]に対して

    [math]
    E[T\ |\ T>c] = \mu + \dfrac{\sigma\phi\left(\Phi^{-1}\left(1-(1-\alpha)A(0)\right)\right)}{(1-\alpha)A(0)}
    [/math]

    となることを示せ。

(出典:「統計検定 1級・準1級 公式問題集」。問題文を一部略記。)

シリーズ記事

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。