教師あり学習手法

教師あり学習とは

教師あり学習(Supervised Learning)は「入力」と「対応する出力」のデータから入出力関係を求める手法です。一般には[math]N[/math]個の入出力データ

  • 入力: [math]n[/math]次元のベクトル[math]\mathbf{x}_i\in \mathbb{R}^n[/math]
  • 出力: [math]y_i\in \mathbb{R}[/math]

の組[math](\mathbf{x}_i,\ y_i),\ (i=1,2,\dots,N)[/math]から入出力関係をうまく「近似」する関数[math]f[/math]

[math]

y_i \approx f(p; \mathbf{x}_i)\quad i=1,2,\dots,N
[/math]

を求める問題として定式化されます。

機械学習の分野では

  • 入力[math]\mathbf{x}[/math]: 説明変数、特徴量
  • 出力[math]y[/math]: 目的変数、ターゲット
  • 入出力の組[math](\mathbf{x}_i,\ y_i),\ (i=1,2,\dots,N)[/math]: 学習データ
  • 関数[math]f[/math]: 機械学習モデルや単にモデル
  • 関数[math]f[/math]やそのパラメタ[math]p[/math]を求める計算方法: 学習アルゴリズム

と呼びます。

ここでは代表的な教師あり学習手法とその特徴、性質を紹介します。

線形回帰

線形回帰の考え方

線形回帰は目的変数[math]y\in\mathbb{R}[/math]を説明変数[math]\mathbf{x}\in\mathbb{R}^n[/math]の線型結合で表現するモデルです。

[math]

y = \beta_0 + \beta_1x_1 + \cdots + \beta_n x_n
[/math]

モデルのパラメタ[math](\beta_0,\dots,\beta_n)[/math]を回帰係数と呼びます。各入力[math]\mathbf{x}_i[/math]に対する予測値[math]\hat{y}_i=\beta_0+\sum_k \beta_kx_{k,i}[/math]と出力[math]y_i[/math]の二乗誤差を最小化するように[math](\beta_0,\dots,\beta_n)[/math]を決めます。

[math]
\displaystyle \sum_{i=1}^N \left(\hat{y}_i – y_i \right)^2 \quad \to \quad {\rm minimize}
[/math]

古くから統計学や多変量解析で研究されており教師あり学習の最も基本的な手法です。

単変量線形回帰の性質

説明変数が1つの場合を「単変量線形回帰(Simple Linear Regression)」や「単回帰」と呼びます。理論的に以下のような様々な性質を導くことができます。

同様の性質を説明変数が2つ以上の場合にも示せることが多いですが単回帰では結果を簡単に可視化できるため理解しやすいと思います。

多変量線形回帰の性質

説明変数が2つ以上の場合を「多変量線形回帰」や「重回帰」と呼びます。単回帰と同様に様々な性質を理論的に導くことができます。

外挿や外れ値に対する注意も同様に必要ですし、重回帰特有の問題として説明変数間の相関が高いと「多重共線性」と呼ばれる問題が発生し注意が必要です。

機械学習モデルの評価方法

一般に機械学習モデルは未知データで精度が悪化する「過学習」を起こしやすく未知データで性能を測る必要があります。

機械学習モデルのデータ分割/評価方法」では機械学習モデルを適切に評価するためのデータセットの分割方法を紹介します。

スポンサーリンク